廃棄物リサイクル業 26年の実績!埼玉県・東京都など関東の産業廃棄物はウム・ヴェルト(ウムヴェルト,ウムベルト)グループ

初めてのお客様はこちら

 

 
  1. ウム・ヴェルト株式会社 トップ
  2. サービス案内
  3. メールマガジン「ウム・ヴェルト通信」
  4. Vol.67

Vol.67『~働きやすい環境を目指して!~』



まだまだ、残暑が厳しい毎日ですが、
皆様元気にお過ごしですか。

食べ物がおいしい季節も間もなくです!
バテていてはもったいない!

今回のウム・ヴェルト通信は元気な笑顔がトレードマークの3人、
多摩営業所の村瀬、生産部の萩原、営業二課の桑原が担当致します。

            


<<今回の内容>>

① 熱中症対策について

② フロイデ(障がい者就労継続支援事業所)「さくら」について

③ 誕生日月の有給消化について

④ もしものためのAED講習について

⑤ 廃プラスチック強化営業について

⑥ 農業法人アグリファームの取り組み




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




① 熱中症対策について


            

平成最後となる今年の夏は各所で猛暑となり、今までの常識が通用しない過酷な夏となりました。

残暑と言っても、まだまだ油断の出来ない暑さが続きます。
ウム・ヴェルトは来年、再来年のさらなる猛暑を想定し、
社員が安心して働ける環境を作るため対策・改善を行っております。


【ドライバーの経口補水液の携帯】
ドライバーのロッカーへ毎日の運転日報と一緒に経口補水液を置いています。
体内への水分供給は経口補水液が1番です!
炎天下での作業中、不調を感じたらすぐに経口補水液を飲み休息をとるよう促しています。
「これくらいなら大丈夫だろう」と、油断ぜず「あれっ」と感じたらまず休息です。

                  
          


【工場へのエアコンの設置】
機械が稼働する工場では、扇風機もスポットクーラーもほとんど効果がありませんでした。
そこで、工場内での安全な作業が行えるよう、エアコンの設置へ踏み切りました!
ウム・ヴェルト社長の小柳が昭和53年に創業しました、埼玉県杉戸町の電気店「有限会社コヤナギ電器」協力のもと、
10馬力のエアコンを設置!工場内の湿度が抑えられ、体感温度がグンと下がりました。

  


【屋根への散水】
やはり、天井からの熱はかなり強力です。
そこを断ち切る為、屋根への散水システムを導入しました!
熱がこもるのを緩和できましたが、昼間の熱にはやや効果が薄く・・・
今後、散水量を増やしさらなる効果を狙っていきます!

 

 


ウム・ヴェルトでは、より良い職場環境を作るため、まだまだ改善・対策を行って参ります!




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




② フロイデ(障がい者就労継続支援事業所)「さくら」について


2018年6月に設立した、障がい者就労継続支援事業所「さくら」の従業員が
埼玉県加須市にある、ウム・ヴェルト加須第2リサイクルセンターで現在仕事を行っています。
工場でリサイクルの出来ない異物とリサイクル可能な缶ビンなどを1つ1つ取り出し選別するという根気のいる仕事です。
笑顔いっぱいのスタッフと共に毎日頑張っています!

  

  
  異物を除いた分別後の様子    職業指導員のスタッフです     女性職業指導員も活躍中!


「さくら」では、まだまだ従業員を募集しております。工場での選別作業以外にも、
農業法人アグリファームでの農作業も行っていますので、まずは職場見学へお越し下さい。
電話0280-33-7161(担当:前田)




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




③ 誕生日月の有給消化について


 

今年度、ウム・ヴェルトでは「誕生日休暇」を取り入れました!
誕生日月に最大で3日間連続の有給休暇を取る事ができます。
さらに、誕生日休暇中の家族や友達との食事の費用を会社が一部負担します!

この活動により「他の人の負担となるのでなんとなく休みづらい・・・」
そんな環境が払拭され、休みを取りやすい環境となりました!
家族や友達とのおいしい食事も仕事への活力となり、社内がより元気になりました。

ここで、ご両親と一緒に食事を楽しんだ社員Kさんへ話を聞いてみたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ウム通信:どちらにお食事に行かれたんですか?
Kさん :○○ホテルのランチブッフェに行ってきました。
(なんと!某有名ホテルの人気ブッフェです!)

ウム通信:ご両親はどうでしたか?喜んでくれましたか?
Kさん :はい!おいしいお料理で、両親も私も楽しい時間を過ごしました。
     また来年も連れて行ってあげたいです。

ウム通信:最後に感想をお願いします。
Kさん :ローストビーフなど全部おいしい料理で90分ずっと食べてました!
     でも、やっぱり一番はマカロンタワーです!
     見ただけでテンションが上がりました!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kさんがご両親とお食事したのは、マカロンタワーが有名な人気ブッフェです!
お写真の紹介が出来ないのでが残念です。興味のある方は是非検索してみて下さい。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




④ もしものためのAED講習について


各事業所でAEDを設置しておりますが、実際に使用した事の無い社員が殆どです。

AEDとは自動体外式除細動器
A:Automated(自動化された)
E:External(体外式の)
D:Defibrillator(除細動器)

AEDについて「止まった心臓を動かす事のできる器械」と思っている人が多いと思います。
実際には、心室細動でけいれんを起こした心臓の動きを、一旦リセットする器械となります。
よってAED使用後の心臓は動きを止めているため、胸骨圧迫による迅速な蘇生が必要となります。

今回は久喜事務所で、リコージャパン様に講習を開いていただきました。
なかなかシミュレーションとして人形が蘇生せず、手こずる場面もありましたが参加者全員が人命救助を行う事ができました!
引き続き講習を開き、いざという時に誰でもAEDを使用できる環境を整えて行きたいと思います。

  




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




⑤ 廃プラスチック強化営業について




昨今、日本国内で廃プラスチックがあふれている状況です。

今まで、再生可能な廃プラスチックは主に中国へ輸出していました。
しかし、有害物質の混入により環境汚染が深刻化し、中国が輸入をストップ。

そのため、今まで中国へ輸出していた廃プラスチックが行き場を失い
再生可能な廃プラスチックの価値が暴落、有価物として取り扱われていた
廃プラスチックも産業廃棄物となり処理価格も高騰しています。

廃プラスチックの処理でお困りの方、廃棄物コストを見直したい方、
是非ウム・ヴェルトまでご相談下さい。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




⑥ 農業法人アグリファームの取り組み


 

8月末より新米の販売を開始しました!

毎年、北川辺のコシヒカリを農家さんより直接購入して販売しています。
おかげさまで、年々販売量も増えており、30㎏玄米換算で
2015年  31袋
2016年  67袋
2017年 127袋
と、増加しております。

北川辺のコシヒカリは冷めても美味しく、お弁当などにも最適です。
地域の農家さんより直接・安価で購入していますので、ご購入ご希望の方は
是非、アグリファームの解良(けら)までご注文ください。
電話0280-23-1787(担当:解良【けら】)

 




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




最後までお読みいただきまして、ありがとう御座います。

今後もウム・ヴェルトは皆様に喜んでいただける最良なリサイクル提案で
お客様の声を真摯に受け止め、気持ちを込めたサービスをご提供してまいります。

これからもウム・ヴェルトをどうぞ宜しくお願い申し上げます。




【今回の担当】
ウム・ヴェルト株式会社 多摩営業所 村瀬/生産部 萩原/営業二課 桑原

<ウム・ヴェルト株式会社 加須本社>
〒349-1213 埼玉県加須市栄368-1
TEL:0280-23-2828 FAX:0280-62-5381

------------------------------------------
ウム・ヴェルト株式会社
URL: http://www.um-welt.co.jp/

食品リサイクル.JP
http://www.shokuhin-recycle.jp/

廃棄物買取り.JP
http://www.haikibutsu-kaitori.jp/



≪↓バックナンバーはコチラ↓≫
http://www.um-welt.co.jp/service_mailmagazine.php


 

 

 



初めてのお客様はこちら

0120-025-374