廃棄物リサイクル業 28年の実績!東日本中心に関西まで対応。産業廃棄物はウム・ヴェルト(ウムヴェルト,ウムベルト)グループ

初めてのお客様はこちら

 

 
  1. ウム・ヴェルト株式会社 トップ
  2. サービス案内
  3. メールマガジン「ウム・ヴェルト通信」
  4. Vol.79

Vol.79『「彩の国埼玉環境大賞」大賞受賞』



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






日差しが暖かくなり、桜も咲き、春が訪れましたね!

先日、雨上がりの窓の外をふと見ると、空に大きな虹が架かっていました!
このようなきれいな2本の虹を見たのは初めてで、思わず外に出て写真を撮ってしまいました。
皆さまもご覧になられましたか?




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




<<今回の内容>>

① 「彩の国埼玉環境大賞」大賞受賞

② 太陽光発電パネル リサイクル事業を開始

③ 回収車輛の抗菌・消毒の徹底

④ 小学生からのお手紙

⑤ 道の駅かぞわたらせニュース




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




① 「彩の国埼玉環境大賞」大賞受賞





~大野 元裕 埼玉県知事との記念撮影~

 埼玉県が環境保全に関する意識の醸成及び行動の促進を図るため、優れた環境保全の取り組みを行う個人、
団体及び事業者を表彰する「彩の国埼玉環境大賞」にて
ウム・ヴェルトが【事業者部門】の第一号となる大賞を受賞しました!

弊社では食品リサイクルループ構築の実現を目指すと共に、食品リサイクルをコア事業とした地域創生計画を実行しており、
その取り組みを評価していただきました。

現在、食品残渣をリサイクルした飼料や肥料を使用して農業や養豚を行い「道の駅かぞわたらせ」で農作物の販売、
豚肉を使用したメニューを提供しています。


食品リサイクルを活用した農業体験やレストラン・販売所などのサービスを提供し、
観光資源のPRや雇用の創出に繋げることで、加須市地域の活性化を図ることができます。

また、東京農業大学と提携し、食品残渣をエサとした昆虫食文化に着目した研究活動にも協賛し
「道の駅かぞわたらせ」でも既に商品化された昆虫スナックの販売をしています。

3月9日に埼玉県庁へ伺い、大野県知事から直々に表彰していただきました。
大変名誉ある賞をいただき、従業員一同で大きな励みにしたいと思います。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




② 太陽光発電パネル リサイクル事業を開始




現在、住宅や施設、様々な場所で普及されている太陽光発電。

使用済や施工不良、自然災害による損壊等で排出される太陽光パネルは、年間約4,500tといわれています。

太陽光発電の導入は1990年代に始まりましたが、これからパネルの製品寿命20~30年を向かえるにあたり、
適正な処分場が少ない!という問題に直面していることも事実です。

そこで廃蛍光管リサイクルを行ってきた「ウム・ヴェルト・ジャパン」本社寄居工場では、新規事業として
太陽光発電のパネルをリサイクルする事業をスタートします!
※(2021年4月頃オープン予定)

これから増加傾向となる廃棄の太陽光パネルから、新たな資源に生まれ変わる最新リサイクル施設として
「ウム・ヴェルト・ジャパン」が生まれかわります。

また、太陽光パネルのリサイクル事業以外にも、LEDや混合廃棄物を中心としたリサイクル施設も
オープン予定です。ぜひご期待ください。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




③ 回収車輛の抗菌・消毒の徹底




ウム・ヴェルト加須本社に車輛専用の抗菌・消毒ルームを設置しました。

弊社では、回収作業後に高圧洗浄機などを使って洗車をしておりますが、今回新たに設置した抗菌・消毒ルームでは、
消毒液や防虫剤を噴霧することで、抗菌・消毒効果が発揮され、コロナウイルス感染防止対策や
害虫対策の取り組みを目的としています。



また、全車輛に消毒液を配布し、ドライバー自身も消毒を徹底して回収作業を行っております。
廃棄物の回収車輛ではありますが、お客様のところへいつも清潔な状態でお伺いできるよう、心がけております。

これからもお客様に安心・安全にご利用いただけるよう努めて参ります。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




④ 小学生からのお手紙




 地域社会と学校教育の発展を願い、次世代を担う子どもたちの育成支援として、
ウム・ヴェルト加須本社周辺の小中学校、幼稚園、保育園へ備品を寄附しています。

今回は縄跳びのジャンプ台と理科の実験器具を寄附した北川辺東小学校の3年生と6年生の皆さんからお手紙をいただきました。

一つ一つ、丁寧に色が塗られたお手紙に、「新しいジャンプ台のおかげで二重とびができるようになりました」、
「理科の実験器具が充実しているので授業が楽しいです」といった内容をたくさんいただきました。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




⑤ 道の駅かぞわたらせニュース




 弊社が運営する「道の駅かぞわたらせ」では、展望台にあるハートのオブジェの前に手作りの
「ラバーズベンチ」を設置しました。このベンチは「まちづくりネットワーク・かぞ」から寄贈していただきました。
背もたれには赤いハートのステンドグラスが飾られ、座面は緩やかなV字になっており、
2人で座ると自然と距離が縮まるような工夫がされています。

 こちらのベンチは「埼東よみうり新聞」や「埼玉新聞」にも取り上げていただきました。
また、東京新聞や埼玉県のHP、NACK5「ディスカバリー彩の国」というラジオ番組でも恋人の聖地として
道の駅が紹介されました。



鯉のぼりの街として有名な埼玉県 加須市。
「道の駅かぞわたらせ」では、その鯉のぼりにちなみ、錦鯉の販売しています。

新潟県 長岡市産の立派な錦鯉と「越後玉サバ(写真右)」と言われる金魚も取り扱っています。

【鯉】と【恋】をつなぐ「道の駅かぞわたらせ」
ぜひお近くへお越しの際は、沢山の「鯉・恋」をご覧ください!

道の駅かぞわたらせ
(ウム・ヴェルト指定管理者)
住所:〒349-1202 埼玉県加須市小野袋1737
HP:https://www.kazo-watarase-michinoeki.com




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




最後までお読みいただきまして、ありがとう御座います。
今後もウム・ヴェルトは皆様に喜んでいただける最良なリサイクル提案で
引き続き、ウム・ヴェルトをどうぞ宜しくお願い申し上げます。




【今回の担当】
ウム・ヴェルト株式会社 広報部 広報課 吉田

<ウム・ヴェルト株式会社 加須本社>
〒349-1213 埼玉県加須市栄368-1
TEL:0280-23-2828 FAX:0280-62-5381

------------------------------------------
ウム・ヴェルト株式会社
http://www.um-welt.co.jp/

食品リサイクル.JP
http://www.shokuhin-recycle.jp/

廃棄物買取り.JP
http://www.haikibutsu-kaitori.jp/



≪↓バックナンバーはコチラ↓≫
http://www.um-welt.co.jp/service_mailmagazine.php


 

 

 



初めてのお客様はこちら

0120-025-374