廃棄物リサイクル業 29年の実績!東日本中心に関西まで対応。産業廃棄物はウム・ヴェルト(ウムヴェルト,ウムベルト)グループ

初めてのお客様はこちら

 

 
  1. ウム・ヴェルト株式会社 トップ
  2. サービス案内
  3. メールマガジン「ウム・ヴェルト通信」
  4. Vol.81

Vol.81『アグリファーム 養豚場に破袋機導入』



2021年になり、早くも半年が過ぎようとしています。
ジメジメした時期が続いておりますが、梅雨の合間にみせる青空に初夏を感じるようになりました。




道の駅かぞわたらせでは夏季限定メニュー「冷汁うどん」「冷汁そば」が登場しました。
すりごまと味噌とだし汁を合わせたおつゆにシソやきゅうり、ミョウガなどの夏野菜を入れる埼玉の郷土料理です。
ごまや味噌などの栄養豊富な冷たいおつゆにのど越しの良いうどんをつけることで、
食欲のない時でもさっぱりと食べることができます。


道の駅かぞわたらせ
(指定管理者:ウム・ヴェルト株式会社)

食品リサイクルループの一環として2019年より運営。

住所:〒349-1202 
   埼玉県加須市小野袋1737
https://www.kazo-watarase-michinoeki.com




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




<<今回の内容>>

① アグリファーム 養豚場に破袋機導入

② インターンシップ実施

③ 加須第3リサイクルセンター工場見学

④ 道の駅かぞわたらせ 無線アンテナ設置




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




① アグリファーム 養豚場に破袋機導入




グループ会社の「アグリファーム株式会社」の養豚場では破袋機を導入しました。

アグリファームでは食品工場から排出される豆腐やパンなどの食品残渣を飼料として与えています。
今まで個包装になっているものは人の手で開封し、分別する必要があり、手間がかかることから受け入れが困難でした。
しかし、破袋、洗浄、分別を1台でできる破袋機を導入したことで、コスト削減と個包装のものも受け入れが可能となりました。

分別後の包装袋
分別後のお菓子
破袋機での分別が難しいものに関しては、
グループ会社の障がい者雇用支援を行っている
「フロイデ株式会社」の方に分別作業を行ってもらっています。
豚に与えるエサの種類も豊富になり、
栄養満点の健康な豚を育てることができます。

弊社ではパンや豆腐をはじめ、菓子類や冷凍食品、ジュースなど様々な食品をリサイクル対象としております。
費用をかけて処分しているものの中には、豚のエサとして取り扱い可能なものがあるかもしれません。
最良のご提案をさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




② インターンシップ実施


今年、初の試みでインターンシップを開催しました。

廃棄物講座やリサイクル方法を提案してもらうワークやマニフェストチェックの業務体験など
産業廃棄物業界のことを知ってもらえるようなスケジュールで行いました。





弊社が運営している「道の駅かぞわたらせ」も見学してもらい、「さくら食堂」で昼食をとりました。
リサイクルされた肥料を使って作られた野菜を販売していたり、食堂で使われているところを実際に見てもらうことで、
食品リサイクルループ構築の一環として運営していることを実感してもらうことができました。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




③ 加須第3リサイクルセンター工場見学




2021年6月8日にプラスチックスマートかぞの皆様が加須第3リサイクルセンターの工場見学を行いました。
任意団体のプラスチックスマートかぞ様は加須市のプラスチックごみの削減について取り組んでおり、
資源循環型社会実現に向けた活動を行っています。

今回は缶、ビン、ペットボトルなどの飲料容器の分別を行っている加須第3リサイクルセンターをご案内しました。


 

プラスチックスマートかぞの皆様の様々な取り組みや活動内容を伺い、
また、様々な角度からご質問をいただき、弊社としても大変学ぶことの多い、貴重な時間となりました。

※工場見学はコロナ対策を行ったうえで実施しております。


プラスチックスマートかぞの皆様から
米袋で作ったエコバックを頂きました。
地産地消のものづくりを通して自然に寄り添った
暮らし方を伝えている「農ある暮らしの会」が
作成しています。
こちらのバックは表裏に天然塗料の柿渋が
塗られており、撥水効果があります。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




④ 道の駅かぞわたらせ 無線アンテナ設置




道の駅かぞわたらせではアマチュア無線の活動促進のため、アンテナを設置しました。

アマチュア無線は、無線機を使って電波を飛ばし、日本のみならず世界中の無線家と交信することができる
コミュニケーションツールです。道の駅かぞわたらせでは全国で初めて道の駅の施設内に無線局を設置しました。
月に1度ミーティングを開き、加須市や道の駅の魅力を全世界に発信しています。

現在、地域学生と宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士との無線機を使った交信プロジェクトを進めており、
アンテナを設置したことで衛星通信で宇宙との通信が可能となりました。

また、アマチュア無線は災害時の通信手段として活用することができ、行政と協力して地域の防災活動の貢献にも期待ができます。

地域の皆様への感謝を忘れず、これからも地域貢献ができるよう取り組んでいきます。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。
今後もウム・ヴェルトは皆様に喜んでいただける最良なリサイクル提案で
お客様の声を真摯に受け止め、気持ちを込めたサービスをご提供してまいります。
引き続き、ウム・ヴェルトをどうぞ宜しくお願い申し上げます。




【今回の担当】
ウム・ヴェルト株式会社 総務部 広報課 吉田

<ウム・ヴェルト株式会社 加須本社>
〒349-1213 埼玉県加須市栄368-1
TEL:0280-23-2828 FAX:0280-62-5381

------------------------------------------
ウム・ヴェルト株式会社
http://www.um-welt.co.jp/

食品リサイクル.JP
http://www.shokuhin-recycle.jp/

廃棄物買取り.JP
http://www.haikibutsu-kaitori.jp/



≪↓バックナンバーはコチラ↓≫
http://www.um-welt.co.jp/service_mailmagazine.php


 

 

 



初めてのお客様はこちら

0120-025-374